売り上げ向上に役立つポスレジ

効率的な経営

販売店や飲食店など店舗の商品を購入する際に必ず通すことになるのがレジと呼ばれる金銭のやり取りに使われる機械です。このレジにも種類があり、キャッシュレジスターとポスレジと呼ばれるものに分けられます。ポスレジを利用する利点は具体的にどういった事柄があるのでしょうか?まずポスレジの大きなメリットとして、リアルタイムで在庫状況や販売情報を集計、管理する機能があります。POSとは「PointOfSales」の略で、販売時点情報管理とも呼ばれています。
このポスレジを使うことで、今まで閉店時などにまとめて行われていた集計、管理、分析などを常時行っていることになります。そのためどの時間にどの商品が売れたのかなど、かなり細かい情報が記録出来るため、より深い分析が出来るようになります。また、集計やポスレジの閉店処理などもコンピュータが自動で行ってくれるため、業務の効率化を計ることが出来ます。
こういった情報収集、分析は効率的な経営を行うことが出来ますし、上手く活用することでさらなる業績を伸ばすことが出来ます。このように商品管理に関する情報を非常に効率よく簡易操作や管理が出来るようになるのがポスレジの特徴です。今では飲食店からコンビニ、パチンコ店などに至るまで、様々な店舗でポスレジが利用されていますので、レジを導入する場合はポスレジの導入をおすすめします。

データ収集も可能

スーパーやコンビニなど、数多くの商品を取り扱っている販売店や飲食店などで使用されているポスレジ。普通のレジとはどのような違いがあるのでしょうか?そこには大きな違いがあり、マーケティングに必要なデータを収集出来るなどのメリットがあります。今回はその中でも代表的なシステムを三つ紹介致します。一つ目は、会計作業の効率化です。ポスレジは商品バーコードを読み込むタイプなので、「ラベルを見て値段を手打ちで入力する」といった事が無くなります。
その為、会計作業がスムーズになり、お客様を待たせる時間が削減されます。二つ目は、各商品の売り上げデータ収集や細かな分析が可能になります。例えば、「ジュースを買った人は同時にお菓子も買う」といった購入されやすい商品の組み合わせや、「どの時間帯にどの商品が購入されたか」といった時間帯による売り上げデータも取れます。
また、年齢層によって購入されやすい商品が分かるなど様々なデータ収集が可能になります。三つ目は、複数店舗データの一元管理が可能になります。チェーン店など複数店舗を管理している場合、店舗毎の売り上げデータや在庫状況などが各店舗にいなくても一つの場所で常に把握出来ます。その為、売り上げ管理や在庫管理などのコスト削減にも繋がります。このように、売り上げ向上に必要なデータを、効率良く収集出来る機能が複数備わっているのがポスレジです。

お知らせ

2017/08/24
売り上げ向上に役立つポスレジを更新しました。
2017/08/24
飲食店でのポスレジの活用方法を更新しました。
2017/08/24
飲食店にポスレジを導入すると売れ筋が簡単にわかるを更新しました。
2017/08/24
ポスレジの魅力とはを更新しました。

おすすめコンテンツ

飲食店にポスレジを導入すると売れ筋が簡単にわかる

もっと読む