ポスレジを飲食店に導入後は分析を大事に

マーケティングにも活かせる

飲食店でポスレジを導入することで様々なメリットが得られます。ポスシステムを利用することで、データや在庫管理を簡単に行うことができるため、商品造成やマーケティングも効率的にできるようになります。ポスレジを導入するメリットの一つに業務の効率化が挙げられます。レジ締めの作業をポスがやってくれるため、従業員の負担を減らすことができます。
また、レジ締めの作業も項目別にまとめられるため最終チェック以外はポスがやってくれます。また、どの商品がどの時間に売られたかがリアルタイムで分かるため、メニュー開発やマーケティングにも活かすことができます。これにより、店舗づくりや価格構成の改善にも役立てることができます。二つ目のメリットとしては、リアルタイムでデータが見れるので、レジ担当者の不正を防止することができます。レジの会計作業のログが見れるので、誰がレジを操作したのかが明瞭になります。そのため、レジ操作の際の不正もなくなり安全な店舗運営ができます。
また、慣れない従業員でも商品の値段を覚える必要が無いため、スムーズに操作を行えます。レジに対応できる従業員が増えるため、混雑時などの効率もあげることができます。このようにポスレジを導入することで、様々なメリットが得られ業務を効率よく改善することが可能となります。

数字の分析

ポスレジを飲食店で導入するところが増えてきましたが、本当によく活用するためにはその数字の分析方法を大事にする必要があります。
まずしっかり管理したいのが売上動向です。なんとなく何月は売上が上がる、下がるということがわかっていても、それがどの程度なのかをしっかり知る必要があります。確かなデータをもとに考えることによって、店舗内の人員体制も変わってコストダウンに繋げることができます。
そして、客層の分析も大事です。ポスレジでは年齢や性別の区分もありますが、こういった属性ごとの客単価を考えることによって効果的な商品開発につなげることができます。また、逆に商品をキーとして客層を分析することもできます。カフェなどなら、どういった人がランチと一緒にスイーツを頼んでいるかを知ることは売上向上のためには大事な視点となります。
また、店舗内の材料費、人件費などの比率を考えることは飲食店経営の基本ですが、この分析にも役立ちます。家賃などを含めた経営分析ができるものも増えています。レジはただ会計をするだけのものではなく、お客様の情報を集め、利用し、経営に活かすための窓口ともなっています。レジの在り方ひとつを見直すだけでも、経営の視点が変わります。ポスレジを導入するなら、経営に関する数字に対する勉強も欠かせません。

クラウド型モバイルPOSが秋ドラマ TBS 「逃げるは恥だが役に立つ」 に登場させていただきました。 店舗運営者のすべて方が補助金対象となるようサポート対応しております。 POS+beautyが美容専門誌 「HAIR MODE」に掲載されました。St飲食店を経営されている方にとってより良い運営を目指すための環境作りをお手伝いさせていただきます。 飲食店向けのポスレジで売り上げアップ!

お知らせ

2017/08/24
売り上げ向上に役立つポスレジを更新しました。
2017/08/24
飲食店でのポスレジの活用方法を更新しました。
2017/08/24
飲食店にポスレジを導入すると売れ筋が簡単にわかるを更新しました。
2017/08/24
ポスレジの魅力とはを更新しました。